本丸日報

〜出戻り審神者のやる気を維持するための二次創作ブログ〜

主、戻る

担当:蜂須賀虎徹 天気:曇

 

青天の霹靂とはこのことだろうか。今日、主が本丸に戻ってきた。

ある日突然「就職して時間の確保が難しくなった」なんて言って姿を消してから、一体どれほどの月日が経ったことだろう。

色々と尋ねたいこともあったけれど、戻ってくるなり主は俺たちへの挨拶もそこそこに次々と各部隊に出陣を命じた。そしてそれが一段落すると、改まった様子で「今度こそ自分が真面目に審神者業を続けられるよう、今日から皆さんで日々の記録をつけてくださいませんか」と言った。なんでも、今の主には審神者として達成したい目標があるらしい。聞けば「博多藤四郎を極にすること」だそうだが、極というのは一体何のことだろう。

そんなわけで、今日から僕らが主のことや、この本丸で起きたことについて、日報を書くことになった。記念すべき第1日目は、主の初めての近侍である俺、蜂須賀虎徹が務めさせてもらったよ。

広告を非表示にする